年賀状はネットで作ろう

Just another WordPress site

メニュー 閉じる

年賀状は新年の挨拶として大切なことです

近年は、メールやラインの普及により、年賀状離れが進んでいますが、年賀状を送ることはとても大切なこととなっています。特にお仕事関係ですと、年賀状を送らないと、社会人として非常識と思われてしまう可能性もある為に、一つの常識として、年賀状を送ることは、とても大切なことです。また、親戚や友達、知人などとに新年のお祝いの挨拶を送ることにより、今年も上手く付き合っていこうという現れでもあります。なかなか会う機会のない方でも、年賀状があることにより、繋がりを感じたり、縁が切れないという役目もありますので、年賀状はとても大切なものです。また、お年玉年賀ハガキというものもあり、番号があたれば、豪華景品などももらえますので、楽しむこともできます。年賀状は日本が昔からある一つの文化となっていますので、その文化を守り続けなければならない義務が、私たち現代人にはあります。新年のお祝いを送ることはとても大切なこととなっていますので、毎年しっかりと年賀状を送りましょう。今は写真を載せて送ることも出来ますので、子供の成長や家族の仲の良い姿を教えることもできるので、新年の挨拶とと共に、送ることを強くお勧めします。年賀状はとても大切なものです。
2018年カナヘイ年賀状ネット印刷

年賀状を出す時期には注意が必要

今年も年賀状を作成する時期が近づいてきました。毎年のように出している年賀状ですが、みなさんは投函する時期について気を付けたことはありますか?実は年賀状の投函時期には注意が必要なのです。どのような注意が必要か疑問に思う方もいるかもしれませんが、年賀状を投函する時期には二つの注意が必要です。

まず一つ目は早めに投函してしまう方に気を付けていただきたいことです。それは喪中はがきが関係しています。一般的に喪中はがきは12月上旬に出すので年賀状を投函する前に届きますが、郵便の関係や相手の出した時期によっては年賀状を投函した後に届いてしまうケースがあります。そのため年賀状の受付が始まってすぐに投函する方は注意が必要になります。

次に二つ目は遅めに投函してしまう方に気を付けていただきたいことです。それは年末ぎりぎりに年賀状を出すと元旦に届かない可能性があるということです。元旦に配達される年賀状の受付時期は決まっているので年賀状を作成する前に確認するようにしましょう。近場の場合は多少遅れても元旦に届きますが、遠方の場合はそれは難しいです。そのため元旦に届くように受付時期は守るようにしましょう。
相手の方に失礼がないように投函時期には注意が必要です。

となりのトトロ年賀状

年賀状を出すときは相手から喪中はがきが来ていないことを確認しましょう

年末に近づくにつれ年賀状の準備を進めている方も多くいらっしゃると思います。その時年賀状を送る相手を確認すると思いますが、その時にみなさんは何を確認しますか?住所や名前を確認するのはもちろんだと思います。

しかしそれだけでは不十分なのです。もう一つ重要な確認として、喪中はがきが届いていないか?という確認もするようにしましょう。

これは知っている方も多くいらっしゃると思いますが、喪中はがきが届いていた場合には年賀状を送るのは控えるようにしましょう。

また年賀状を送らない代わりに「喪中見舞い」を送るのが一番いい対応になります。文面は喪中について知っていたのか、はがきが届いてから知ったかによって変わってくるので注意しましょう。

喪中はがきが届いていない方でも自分の記憶と照らし合わせて、年賀状を出しても大丈夫か確認するようにしましょう。年賀状を出しても大丈夫と確認出来たら元旦につくように早めに年賀状を投函するようにしましょう。

年賀状は新年の一番最初の挨拶になるので相手の方に失礼なことがないように、送る側はしっかりとした確認が必要です。特に相手の方の心遣いなどには正しいマナーで対応することが大切になります。

年賀状への思い

初めて年賀状を書いたのは小学生の頃でした。
年賀はがきに絵を描いて色を塗ったり、友達が喜んでくれたらいいなと心を弾ませながら書いたものです。

元旦の朝になると、バイクの音に敏感になりポストの穴を覗き込んでいました。
年賀状が友達から届くと嬉しかったです。

友達からの年賀状で一番心に残っているのが「おもちを食べ過ぎないでね」とメッセージがあり
網の上で焼かれているお餅の絵がとても滑稽で印象的でした。
30年以上経った今でも、友人とは年賀状のやり取りをしています。
遠方に住んでおり、お互い結婚して子供もいるので会えないしメールのやり取りも頻繁にはしていません。

でも一年に一度友人の子供の写真入り年賀状が届くと、遠くに居ても近い存在に思えるのです。

昭和から平成にかわり、コミュニケーションをとる手段も広がりました。
固定電話、ポケベル、携帯電話でのメールやラインやツイッターなどのSNS、
文字さえ打てば簡単にコミュニケーションがはかれる時代です。

その分、年賀状を書く人も減少しているでしょう。

実際の所、年賀状をくれなくなった友人もいます。
寂しいなと思うのですが、仕方ないと諦めました。

今では、本当に親しい友人しか年賀状を書きません。
親戚にも書いていましたが冠婚葬祭以外、顔を会わすことがないからです。
上辺だけの年賀状はあまり嬉しくないものです。

年賀状への思いは、年を重ねるにつれ変化し続けています。

© 2017 年賀状はネットで作ろう. All rights reserved.

テーマの著者 Anders Norén.