年末に近づくにつれ年賀状の準備を進めている方も多くいらっしゃると思います。その時年賀状を送る相手を確認すると思いますが、その時にみなさんは何を確認しますか?住所や名前を確認するのはもちろんだと思います。

しかしそれだけでは不十分なのです。もう一つ重要な確認として、喪中はがきが届いていないか?という確認もするようにしましょう。

これは知っている方も多くいらっしゃると思いますが、喪中はがきが届いていた場合には年賀状を送るのは控えるようにしましょう。

また年賀状を送らない代わりに「喪中見舞い」を送るのが一番いい対応になります。文面は喪中について知っていたのか、はがきが届いてから知ったかによって変わってくるので注意しましょう。

喪中はがきが届いていない方でも自分の記憶と照らし合わせて、年賀状を出しても大丈夫か確認するようにしましょう。年賀状を出しても大丈夫と確認出来たら元旦につくように早めに年賀状を投函するようにしましょう。

年賀状は新年の一番最初の挨拶になるので相手の方に失礼なことがないように、送る側はしっかりとした確認が必要です。特に相手の方の心遣いなどには正しいマナーで対応することが大切になります。